« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月21日 (日)

新生「tomb raider」トゥームレイダー感想と考察・ブロックバスタームービーと銃撃戦、ともすればレズビアンによるリブート

Imagesca84gfte

 トゥームレイダーはmk2にもレビューを書かせて頂きました。

 ソーシャルからインディーまで各所に広がる現在では、コンソールゲーム機でのAAA作品を選ぶときはよほどの革新やひらめきのあるものしか遊ばないようになってしまったが、気がつけば自分でもびっくりするのだがここのところ選んだのが「デウスエクス」  「スリーピングドッグス」 そして今回の新生「トゥームレイダー」となんとスクウェアエニックスパブリッシャーになってるものばかり。



 ネットでのゲーム語りによくいるアナリスト気取りのクズがドヤ顔で昨今の業績悪化による和田社長退任劇を受けて「スクエニは海外デベロッパー買い取りは失敗したね」というのを見かけるが、発売されたその内容は決定的なイノベーションをもたらすものではないかもしれないが、現行のAAAタイトル群の中では王道のゲームデザインでありながらどこか異端のモチーフやテーマを扱った作品と見え、そのあたりに琴線がかかったからだ。

 

 ではこの新生「トゥームレイダー」は現行のAAAアクションアドベンチャーの中でどのような異質さを持っていたのか?ということの、ビデオゲームでの女性主人公と現在のシューター問題を交えたレビュー。

続きを読む "新生「tomb raider」トゥームレイダー感想と考察・ブロックバスタームービーと銃撃戦、ともすればレズビアンによるリブート" »

2013年4月 2日 (火)

「ゲーム性」は何か?という議論に一言たりとも耳を貸すな・それはビデオゲームの評論全体に付きまとう呪われた言葉

Image

 ビデオゲームの批評なり評論なりには、とある言葉が本当に長い間呪いのように付きまとっており、ところどころでその呪われた言葉に関しての議論が黒ミサのようにどこかで行われ、おまけにその呪われた言葉があまりにもシンプルな言葉で議論に参加しやすいゆえに人が集まりやすく、そして結局答えは出ないままに人々が散り散りに分かれたのちに呪われた言葉は伝染していき、またどこかで同じように議論されまた答えが出ないまま終わることを繰り返して今までに広がってきているである。


 その呪いのような言葉とは何か?それはそのままシンプルに「ゲーム性」というもの。「ゲームらしいゲーム」なんて言われ方もある。それを巡って多様なビデオゲームの議論の対象になる。非常にそれはシンプル。ビデオゲームが好きで長く遊んでいる人なら少しは考えたことがあるから参加しやすい。でも、ほとんどがまっとうな結論に辿りつけないくだらない議論で終わる。


 さて今回は長らく居座るそんな呪われた言葉を中心とした、これまでにこの呪いに関して真っ向勝負で挑んだ論文も引用しつつのビデオゲームの批評や評論の現実に関してのエントリ。今回エントリがやはり黒ミサで終わっているのか、呪いを打ち破る一刺しで終わっているのかは読まれる皆様に委ねられる。

続きを読む "「ゲーム性」は何か?という議論に一言たりとも耳を貸すな・それはビデオゲームの評論全体に付きまとう呪われた言葉" »

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

おしらせ

  • 人気ブログランキングへ
    GAME SCOPE SIZEはWordpressに移行しました。
    新規の記事はこちらからになります。

特集

  • 人気ブログランキングへ  ファイナルファンタジーⅦとクーロンズゲートによる人格分裂・カルト・ネット・世紀末まみれの90年代プレイステーション

    人気ブログランキングへ  デビルメイクライやベヨネッタはどこから来たのか?「スラッシュアクション」仮設の歴史

    人気ブログランキングへ  監視・規制・権力のビデオゲームズ 「ディシプリン*帝国の誕生」から「Watch dogs」まで6選 人気ブログランキングへ  CYBER PUNK VIDEO GAME  2015年の日本産オープンワールド・9つの奇妙なシンクロより生まれる狂気

Share


フォト

Author: EAbase887

AD

無料ブログはココログ